お問合せ

GOLD MT EGGS

全てのコミュニケーションに通じる 実践脳科学/心理学 NLP を用いた研修で、コミュニケーション能力、メンタル向上、ビジネススキル向上を提供する

073-488-4794 gold.mt.eggs@gmail.com

うつ病にならないためには

うつ病は長く憂うつな気分が続き、異様なだるさを体に感じる非常に辛い病気です。うつ病の辛い状態を避けるためには、未然に予防する事が大切です。ここでは、うつ病にならないための予防方法をご紹介します。

物事を一人で抱え込まない

物事を一人で抱え込まない

うつ病になる人の多くが、物事を一人で抱え込む傾向にあります。しかし全ての事を一人でこなそうとすると、どうしても自分の能力の限界を超えてしまいます。

そして、自分の限界を超えた物事はやがてストレスとして圧し掛かり、それがうつ病へと繋がります。うつ病を未然に防ぐためには、物事を一人で抱え込まず、家族や恋人、友人・知人などに相談するようにしましょう。

毎日、日光を浴びる

日本ではあまり馴染みがありませんが、うつ病の中には「冬季うつ病」という種類があります。冬季うつ病は、日光を浴びる時間が少ない人がなりやすいと言われています。

現代人のライフスタイルでは、日光を浴びる機会がほとんどないという人は意外に多く、そのような人は、日頃から日光を浴びている人よりもうつ病になりやすい傾向にあると言えます。うつ病を防止するには毎日、日光を浴びる事が有効的なのです。

十分に睡眠を取る

十分に睡眠を取る

睡眠には、体の疲労を取り除く役割に加え、記憶の整理をして脳の疲労を取り除く役割もあります。
しかし、睡眠時間が短く不規則なものになってしまうと、睡眠による疲労軽減の効果は半減し、脳に疲労が残った状態になります。

この疲労が徐々に蓄積していくとやがてストレスとなり、最終的にうつ病へと発展してしまうのです。したがってうつ病を防止するためには、十分に睡眠を取るようにしましょう。

思考を変化させる

うつ病は、完璧主義・責任感が強い・生真面目・熱心といった性格の人が患いやすいと言われています。実際、こうした性格の人は何かしらの欠点が明るみに出ると、それがちょっとした欠点でもネガティブな感情を引きずってしまいます。

ネガティブな感情が断続的に続く、あるいは長期間引きずってしまうとうつ病になってしまうのです。こうした思考の人がうつ病を遠ざけるためには、思考を変化させる事が重要です。物事を決め付けるのではなく、柔軟な思考で対応する事がうつ病予防に繋がります。

思考を変化させるには様々な方法がありますが、自分で変化させるのが難しいという場合には、思考の変化やコントロールに関する講座セミナー受講を検討してみましょう。

弊社では、NLPを用いた講座やセミナーを行っています。NLPは、人間関係や自己コントロールの向上に役立つ心理学で、家庭や仕事における悩みやストレスと上手に向き合えます。中には、長期間うつだった方が職場復帰したという成功体験も弊社に届いています。

また、人間関係や自己コントロールの向上だけでなく、ビジネスにおけるコーチングツールとしても応用が可能です。「うつを未然に防ぎたい」「強いメンタルでビジネスと向き合いたい」、そのような方はNLPの資格取得を是非ご検討ください。

お勧めは、体系的にNLPの基礎を学べるプラクティショナーコースです。

073-488-4794メールでのお問い合わせ・お申し込みはこちら当校NLPの理解度・満足度の高さの理由・メリットはこちら

Top