お問合せ

GOLD MT EGGS

全てのコミュニケーションに通じる 実践脳科学/心理学 NLP を用いた研修で、コミュニケーション能力、メンタル向上、ビジネススキル向上を提供する

073-488-4794 gold.mt.eggs@gmail.com

中間管理職が抱える悩み

責任ある立場の中間管理職には、実に多くの悩みがつきまといます。その悩みというのは、現場側や経営側とは質・量共に異なります。
では、中間管理職の方々はどのような悩みを抱えているのでしょうか。

上司と部下の板挟みにあう

中間管理職はその名が示すとおり、上司もいれば部下もいます。しかしそれが、中間管理職の悩みの種となっているのです。上司からは仕事の指示、部下からは仕事の相談が多く舞い込みます。

中には多くの仕事を押し付ける上司や、自分で考えれば出来そうな事を相談しにくる部下もいます。こうした上司と部下の板挟みにあう状態が常にあるため、中間管理職は疲弊し切っているのです。

仕事量と難度の高い仕事

仕事量と難度の高い仕事

中間管理職は、管理職の仕事を行うその一方で、プレイヤー(担当者)としての仕事も掛け持ちで行っています。その割合というのは非常に高く、多くの中間管理職の方が管理職とプレイヤーの仕事で多忙な日々を過ごしています。

加えて、中間管理職はこれまでの現場経験が豊富であるため、他の社員・スタッフよりも難度が高い仕事に割り当てられる傾向にあります。この仕事量と難度の高い仕事に、少なくない中間管理職が悩まされているのです。

理不尽な理由から指導力不足を責められる

部下が何かしらのミスをした場合、そのミスを経営側に咎められるのはミスをした部下ではなく、中間管理職です。もちろん多くの方が、「責任を負うのが自分の仕事」と分かっているでしょう。

しかしこの時、部下のミスが怠慢によるもの、一生懸命指導をしても応えてくれない部下のミスによるものであれば、どうしてもストレスを感じてしまいます。理不尽な理由から指導力を責められる、これは決して気持ちの良いものではありません。

中間管理職の悩みを解決するには

中間管理職の悩みを解決するには

これらの悩みを中間管理職は抱え、日々を過ごしています。経営側がこうした悩みを抱えている事を汲み取らなければ、企業は衰退する恐れもあります。

では、どう対策すれば良いのか。そんな時に活用したいのが、中間管理職向けの研修やセミナー講座などです。様々な悩みをプラスへと変換する術を学ぶ事で中間管理職である本人の意識を変え、その意識の変化が企業の成長に大きく寄与します。

弊社では、NLPや最新の脳科学を取り入れた管理職研修を行っています。弊社の管理職研修は、様々な企業でマネジメントを行った講師陣が、NLPや最新の脳科学を取り入れより実践的な内容で研修を行います。

そのため、企業の中核を担う中間管理職にはおすすめの研修なのです。研修内容や費用に関するお問い合わせも随時承っていますので、中間管理職などの管理職研修をお考えなら、是非弊社にご相談ください。

法人様へのご案内ページもご覧ください。

人事担当者様へや社内講師様個人へのお勧めは、体系的にNLPの基礎を学べるプラクティショナーコースです。

073-488-4794メールでのお問い合わせ・お申し込みはこちら当校NLPの理解度・満足度の高さの理由・メリットはこちら

Top