お問合せ

GOLD MT EGGS

全てのコミュニケーションに通じる 実践脳科学/心理学 NLP を用いた研修で、コミュニケーション能力、メンタル向上、ビジネススキル向上を提供する

073-488-4794 gold.mt.eggs@gmail.com

GOLD MT EGGS NEWS

2016.09.06

コミュニケーション能力

日本人のコミュニケーション能力不足が危ない・・

日本人のコミュニケーション能力は実はとても低くなってしまった

 

巷では、日本ほど良い国は無いなどと言う人も結構います。日本人はコミュニケーション能力が高いなどと考えている方も結構おられます。
確かに、かつては、以心伝心と言う言葉もあるように、本当に短い言葉だけで、あとは相手の非言語メッセージを捉えて、コミュニケーションをとっていました。 ただし、人に伝えるという事はとても苦手なようです。

 

日本語自体があいまいなものであり、そんな事言わずとも分かっているだろうと言う当たり前の前提が非常に多いため、海外の人には伝わりません。

そして、現代社会はいかがでしょうか? 異性とのコミュニケーション難、ストーカー犯罪などが頻出し、非言語的なコミュニケーション能力は大きく低下してしまっているのではないでしょうか?

not communicated

ストーカー犯罪を引き起こしている裏側

近年、大きな問題となっているストーカー問題があります。

ストーカーされる方の多くは、断り方が下手な場合があります。相手に拒絶感を与えてしまっています。
日本では幼少期から、良いコミュニケーションを学びませんから、できて当然とは思っていても、知らない内に、相手に拒絶感を与えてしまい、恨まれる可能性が、多くの方にあります。こうしたニュースは他人事ではありません。

 

逆に、ストーカーになってしまった男性の多くは、拒絶感からプライドが傷つき、相手に仕返しがしたいという、男性特有の攻撃本能が目覚めています。またストーカーになってしまう女性の多くは、自分は悪くない、被害者だとして、相手が悪いとして、追い詰め続ける人が多いようです。

 

こうした加害者、被害者となってしまう方の多くは幼少期の両親とのコミュニケーションに何らかのトラウマやエラーが起きている可能性が高いと言われていますが、多感な時期の子供に触れ合わず、保育所に預けて働きっぱなし、そういう家庭が増えた結果からかもしれません。

メンタル耐性が低くなっている事も原因でしょう。いずれにしても、コミュニケーション経験不足、能力不足なのです。

cage

異性とどう接して良いかわからない、緊張してしまう

 

こうした方も非常に多いですね。自分と同じ感覚で話せないからでしょうか?
相手のことが分からない、不安である、経験が無いと言うのも大きな理由かもしれません。

人は、自分が体験した以上のものごとを理解できず、自分の持っている当たり前の常識から外れてしまった人を理解できないのですが、
コミュニケーション経験不足から、急にコミュニケーションを取れなくなってきているのです。

母子家庭、父子家庭が増えた事も一因かもしれません。

いずれにせよ、自分の常識は相手の常識とは異なるのですが、その事を表面的にしか理解できず、深いところで理解できていないために、
コミュニケーションエラーがおきます。

自分本位のコミュニケーションを取りがちになってきていると我々から見ていると感じます。

どうして分かってくれないの? 彼方変わってしまった。君こそ変わってしまった。

こうした言葉も良く耳にしますが、これらを述べる人の心理は非常に身勝手なものです。

相手を変えた原因は自分なんです。しかし、原因と責任をすべて相手に押し付けている言葉だからです。
こうした言葉を述べてしまう人は、気がつかないままでいれば、同じ事を繰り返すでしょう。

どうして分かってくれない?と言う前に、分かってもらう努力をしましょう、相手を理解しようとする努力をしましょう。
自分目線が強すぎると、相手は疲れてしまいます。

変わってしまったのは相手ではなく、貴方の普段の言葉や態度が、相手に影響を与えて変えてしまってませんか?
そうした可能性にも気がつきましょう。

結局、こうした結果が増えているのは、コミュニケーション能力不足で、気をつけているつもりが、知らないうちに自分本位コミュニケーションになってしまっているのかもしれません。

コミュニケーションで大事な事は、観察する事、感じる事、自分のメンタル。 

 

良く、聞くことがすべてとか、聞き上手はコミュニケーション上手と言う偏った情報が流れていますが、我々は違うと思います。

相手に興味を本当に持っていて、相手を理解しようと言う気持ちでコミュニケーションをとっているのか?です。
自分が気持ちよくなりたいからコミュニケーションをとっていると、自分本位になっていることに気がつきもしません。

自分本位な話、ペースばかりになっていると、相手は面白くないものです。いくら聞こうとしても、テクニックを駆使しても、相手は話してなんかくれません。

話せることや聞くことなんて、二の次。

話がうまいといわれる多くの人は、意外と自分の事しか話してません。これが行き過ぎると、相手への興味ではなく、自分本位で話してる事に気がつかず、いつしか人が離れていってしまいます。  

大事なのは、コミュニケーションに最適なメンタルで居続けることなんです。そして、相手の状態、自分の状態を観察し、言葉や表面に顕れてこない情報を五感で感じられることなんです。

言葉で、言ってる内容とは異なる事を頭の中で考えているなんて事はたくさんありますよね?

メンタルが共感しあっている状態が作れていなければ、信頼関係が築けたあとの深いレベルのコミュニケーションなど取れません。

表面的なコミュニケーションばかりになってしまいます。

学びに行く意欲がわかない・・意思の力が弱いは本当か?

意思の力が弱いなんて、ただの正当化であり、かえって意思の力が強いくらい。全ての人が、自分に必要、ストレス解消している、これしか楽しみがない、自分は意志が弱いからと勘違いをしながら、都合よく思い込んで依存対象にのめりこんでいく。無知と勘違い。と錯覚してしまいます。

努力もせずに出来るのはずるい?

 

女性の方に多いのは、努力してないのに出来る人に対する嫉妬心。ずるいとかむかつくとか、そういう思いを抱いている人が結構居ます。

でも、どの川に棲んだかではなく、棲んだ川でどう泳いだかが大事。

特に、コミュニケーションは生まれながらにできるものではなく、

よく勘違いされていますが、たくさん話せるからコミュニケーション能力が高いわけでは決してありません。

また、単に聞き上手だから、コミュニケーション能力が十分と言うわけでもないので、この機会にコミュニケーションとは何なのか、深く考えて見てはいかがでしょうか?

NLPと言う、最強のコミュニケーション実学が、この大事な能力を提供できる。

 

NLPとは、アメリカで生まれた、最強のコミュニケーションTOOL。実践心理学、実践脳科学とも言われています。 NLPの肝は五感を使って眼に見えていない情報を感じ取り、状況に応じた最適なメンタルを作れること。 詳しくは、「NLPについて」を参照してください。

皆さん、眼に見えていないもの、言葉に顕れていないものをどのくらい感じ取っているでしょうか? そう、それが出来れば、コミュニケーションに自信がもてるようになります。

それに、少し相手がいつもと違っていることに気がつくことも容易になり、変異をすぐかぎ付けられる可能性が高くなります。

見えているものだけではなく、五感をすべて使って、相手を深層心理、
無意識のレベルから感じ取る。これがNLPのひとつの肝。

相手と非言語のレベルでつながれるように、メンタルも改善し、あなたの人との接し方が変わってきます。
その上、最新の脳科学で証明されつつある会話に関わるテクニックがそこに載ってきますので、コミュニケーション能力が飛躍的に改善するわけです。

昨今NHKで脳科学特集などがありますが、その多くはNLPの世界では何十年も前に使われている事が多いのですが、その理由は、NLPは実証実験くらいはされていますが、閾値的実学がベースであり、理論的な証明と検証は、後発の脳科学的発展を待っている状態にあるからです。近年、いろいろなところで、正しかったと証明されてきているNLPの理論と実学、より多くの知恵と知識が手に入る弊社で受講してみて下さい。

お勧めは、体系的に基礎を学べるプラクティショナーコースです。

073-488-4794

メールでのお問い合わせ・お申し込みはこちら

当校NLPの理解度・満足度の高さの理由・メリットはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top